スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植木はジャマですか
2008.06.27 Fri 23:04 | 日記 | 日記
 母から電話があった。
 警察の総務課の人から連絡があり、実家の植木がスクールゾーンの標識を隠していると、PTA関係の人から苦情があったのだと、凹んでそして怒っていた。
 昨年も自治会長さんのところに同様の苦情があったらしく、母は植木屋さんに事情を説明して切ってもらい、市役所の土木課の人を呼んで確認までしてもらったのだ。かわいそうに、植木はその部分だけバッサリ凹んだ妙な形に切られてしまった。それからも母は、植木が外にはみ出ていないか神経質なほど気を使っていた。
 それなのにまた今年も・・・。警察の人が言うには、その苦情主は今年は自治会長や市役所には門前払いを食らったらしく、行くところがなくなって警察に連絡をしてきたのだという。

 世の中には面白い人がいるものだ。きっとその人は、スクールゾーンの標識を見回る仕事をおおせつかって、結果を出さなければいけない立場だったに違いない。成果主義の世の中だ。「特に何もありませんでした。」では評価されない世の中だ。「1件通報しておきました。」と報告をしてこそ、その人の存在価値が出るというものだ。そうとでも思わないと、やってられない。

 そういえば私がいた会社でも、暇な部門の人たちがいた事を思い出した。忙しい開発の居室を見回っては、誰の机が汚いだの、ゴミ箱のゴミが捨ててないだの、写真を撮っては通報してきた。そんなに暇だったら、ゴミぐらい捨てていってくれればいいものを、何一つ手はださない。証拠写真だけ撮って帰った。指摘された人の机は、確かに一般的に見れば汚かったのかもしれないが、実はその人なりに整理されていて、全部必要な書類だったのだ(と本人は言う)。
 後日、見回りの人から、『自分たちの呼びかけで職場環境の改善が行われた』と、写真つきの報告があった。そのせいで、開発が半日止まってしまった事には誰も触れなかった。成果主義なんてそんなものだ。誰かを犠牲にして、誰かが手柄をたてる。

 とにかく世間体を気にする母は極端に凹み、私に電話をしてきた。勢いあまって自治会長を逆恨みし、悪口までをも言い始めていた。黙って聞いていた私は精神的にまいってしまい、1時間の電話を切ったあと少し疲れて寝た。
 ただ、近いうちにわざわざ警察の人が来てくれるらしいので、『せっかくだから、”変な人に目をつけられて困っているんです”ぐらい訴えてやれ!』とだけ言っておいた。今はなんでも言ったもん勝ち、訴えたもん勝ちの世の中らしいから。

 それにしても、言いたいことがあるなら本人にやんわり言えばいいものを、なぜその苦情主はいきなり行政に訴えるのだろう。ご近所付き合いのトラブルは、いかに普段からコミュニケーションがとれているかが問題の根底に潜んでいるというが、顔が見えない匿名での苦情なんて、コミュニケーションも何もあったものじゃない。道を歩くすべての人が、もしかしたら我が家に敵意を持っているのではないかと怖くなってしまう母の気持ちもわかる。
 二十数年もの間、毎日早起きをして道路掃除を続けてきた母が、とても不憫に思えた。

スポンサーサイト
TBSに喝!
2008.04.27 Sun 09:04 | 横浜ベイスターズ | スポーツ
 TBSの巨人びいきがひどい。

 私は横浜ベイスターズファンである。2001年の球団身売り騒動で、結局TBSが筆頭株主となりオーナーとなった。新聞社や鉄道会社ではなく、初のテレビ局オーナーということで、いったいどれだけ盛り上がるのかと期待した私がバカだった。
 どうやらTBSのスポーツ部は、熱烈な巨人ファンで溢れているらしい。野球中継は横浜戦ではなく巨人戦ばかり。たまに放送される横浜-巨人の中継をみていても、「打った」「打たれた」「逃げ切った」「逆転した」「あと一歩届かず」・・・主語がすべて巨人である。読売新聞のグループ会社である日本テレビの放送よりも、公平感を欠いている中継に、私は怒りを通り越して呆れるばかりである。

 たとえばYahoo!がホークス以外の球団の独占ネット中継をするだろうか?
 たとえば楽天市場がゴールデンイーグルス以外の球団グッズ販売特集をするだろうか?

 昔は、TVK(テレビ神奈川)が、横浜戦のほぼ全試合を中継していた。ほのぼのとして、とてもいい横浜市民のための中継だった。
 球団を飼い殺して楽しいのだろうか。横浜市民の横浜ベイスターズを返してほしい。

 今、TBSのサンデーモーニングのスポーツコーナーで、「巨人が強くないと日本のプロ野球は面白くない。」と豪語する張本勲さんを見ていて、改めてそう思った。

新タワーを建てる理由
2008.03.23 Sun 16:13 | エッセイ | 小説・文学
 先日、”新しい東京タワー”のネーミングが変だという記事を書いたが、そもそもなぜ新たにタワーを建てなければいけなくなったのかを聞いて、ちょっと考えてしまった。

 東京タワーは元々観光名所でもなんでもなく、ただの電波塔である。正式名称を『日本電波塔』といい、地上アナログ・デジタルテレビやFM放送のアンテナとして電波を出力しているアンテナの集まりである。
 それが今や、周りを高層ビルがぐるっと取り囲むように林立し、テレビが受信できない地域ができるなど、いわゆる電波障害が起きてしまっているのだという。仕方なく、比較的見通しの明るい別の場所へ、別の電波塔を建てる必要がでてきたのだそうだ。

 ちょっと待てと私は思った。その周りの高層ビル群は、『東京タワーを眼下に望む』などといううたい文句で設計され建築され販売されたのではないか。たまたまかもしれないが、少しも考えなかったら嘘になるだろう。
 でも何度も言うが、東京タワーは電波塔なのだ。関東エリアの半径100km圏に電波を出力するアンテナなのだ。一般住民のためには、『東京タワーの周りには高層ビルは建ててはいけない』ぐらいの規制のほうが大切なことだったのではないかと、私は思う。
 一部の人の景観という利益のために、迷惑をこうむる大多数の人たち。都心の高層ビル群は、今の社会を象徴するような身勝手さだ。

 新しいタワーも、観光名所にとの期待が寄せられているらしいが、またその周りをグルっと高層ビルが取り囲んだらどうするのだろう。もっと高く、より高くと、第三第四のタワーが次々に建てられるのだろうか。
 そんな事を考えていたら、想像が膨らみすぎて、富士山の周りにぐるっと1000m級のビルが林立する未来図を想像してしまった。あぁ気持ちが悪い。そんな日本はビルの重みで沈んでしまえばいい。

新タワーのネーミング
2008.03.21 Fri 12:20 | 気になるニュース | ニュース
 朝のニュース番組『とくダネ!』で、2012年春の完成予定の”新しい東京タワー”のネーミング候補が、6案出揃ったというニュースをやっていた。
 その6案を聞いて、私はずっこけた。

1.東京EDOタワー
2.東京スカイツリー
3.みらいタワー
4.ゆめみやぐら
5.ライジングイーストタワー
6.ライジングタワー

な、なんだろう、このセンスのない名前たちは。街の人の声を聞いても「えーこの中から選ぶの?」という声が多いようだった。

 昨年末、その開発プロジェクト『Rising East Project』は、タワーのネーミングを一般公募したらしい。応募総数18,606件の中から、有識者10名による『新タワー名称検討委員会』が候補を6案に絞ったという。
 だが実際に上記6案の中でランキングに入っていたのは、「みらいタワー」がかろうじて11位。あとは全くの圏外なのだそうだ。一般公募の上位5位を見ると・・・・

1.大江戸タワー
2.新東京タワー
3.さくらタワー
4.日本タワー
5.東京スカイタワー

確かにどれもいい。簡単で覚えやすい言葉だ。

 じゃあこの公募はなんだったんだ!?という話になるが、そこには色々と大人の事情があると、番組では伝えていた。
 例えば、「5.東京スカイタワー」は「スカイタワー西東京」と類似しているからダメ。「4.日本タワー」はスケールが多すぎるからだめ。「3.さくらタワー」は「ザ・プリンス さくらタワー東京」と類似しているからダメ。「2.新東京タワー」は、これまでの「東京タワー」と類似しているからダメ。
 そして公募1位の「大江戸タワー」は、なんと老舗のお菓子屋さんが登録商標している名称なのだそうだ。そのお菓子屋さんは森八本舗さん。たまたま企業イメージに合うので、そういう名前の新商品を作ろうとして登録商標したそうだ。
 インタビューを受けた社長さんは「うちが邪魔しちゃったんですかね。」と複雑そうな表情だった。

 しかし。新しいタワーの名称なんて何十年も使うものだし、外国にも知れ渡るものだし、その辺は話し合うとかどうにかならなかったものか。別に森八本舗さんだって儲けようとしてやった訳じゃないのだから、全く交渉もしないで諦めるってどうなんだろう。もう少し真剣に決めてもらいたいものだと思った。

 なお、新タワーのネーミングは4月1日(火)から5月30日(金)の2か月間投票を受け付け、6月上旬には正式名称が発表される予定だそうだ。『新タワーネーミング』のページから投票ができるようになるらしい。

差をもって尊し?
2008.03.02 Sun 12:02 | エッセイ | 小説・文学
 新聞を片付けていたら、ある見出しが目に飛び込んできた。

差をもって尊しとなす
日本経済新聞2008年3月1日(土) 1面コーナー記事「日本人とおカネ」より

私は目を疑った。

 新聞記事には、ある有名な日本人ファンドマネージャーが、日本の投資信託会社をやめてイギリス系ヘッジファンドへ転職したという話が書いてあった。その人は、日本の投資運用会社には運用の専門家がそろっていない現状を憂い、運用のプロとして生きたいと念じ、「日本」から去ったという。はい、さようなら。
 運用のスペシャリスト?お金を増やす腕を競い合う?そんな事を堂々と言ってて、恥ずかしくないのだろうか。何かがおかしいとおもいながら、記事のまとめを読んだ。

個人投資家にとっても市場で利益をあげるには、いかに多数派とは違った行動をとれるかがポイントだ。「『和』をもって尊しとなす」から、「『差』をもって尊しとなす」へ。根本的な発想の転換が必要となる。
(日本人とおカネ取材班)

 この文章を書いた記者は「うまい事言った!」とご満悦なのだろうか。「和をもって尊しとなす」は、言わずと知れた、聖徳太子が十七条憲法の最初に掲げた言葉であり、日本人の性質そのものをあらわす道徳観といってもいい。こんなすばらしい言葉を変な風にもじらないでほしかった。私はとても悲しくなった。

 こんな話のときに決まって思い出すのが、村上世彰氏(村上ファンド)の涙目発言。

お金儲けって、そんなに悪いことですか?

いい悪いは、もう個人の価値観の違いとしか言いようがない。だが、お金を元手に、お金を増やしていくということは、その裏では必ず誰かを出し抜いて、誰かを損させているということだ。必ずどこかに泣いている人がいるということだ。お金に困っている人を食い物にする”貧困ビジネス”と何が違うのだろう。

 私がブツブツ文句を言っていたら、彼が「ぐりえちゃんの考え方は社会主義なのかな。」と言う。そんな事を言っているのではない。人と人とは共に助け合って支えあって、成長して生きていくものなのではないのかと言いたいのだ。人は自分の努力に見合った評価と報酬を得てこそ、生きがいを見出せるものなのではないのか。正直者がバカを見る世の中でいいのか。そんなのおかしくない?

 世界の長者番付万年2位のウォーレン・バフェット氏に代表されるように、世界的な大富豪にはファンドマネージャーが非常に多い。元手さえあれば、特にアメリカでは、簡単にお金が増やせるのだ。

全世界を100人の村に縮小するとどうなるでしょう
  :
6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍

世界がもし100人の村だったらより)

そしてアメリカの”成功者”の多くは、家族の命を守るための戦争には大賛成だと聞く。

お前バカじゃん
2008.02.18 Mon 10:27 | インターネット | コンピュータ
SNEC_0141.jpgお前バカじゃん。助けてやれよ。
罪のない動物を虐待すんな!

 ↑冬の朝にはフリースにもぐるのが好きなどんぐりちゃん ねむねむ・・・

 また、私がYouTubeに公開したフェレットの水泳動画にこんなコメントがついていた。気にしちゃいけないという事はわかっている。動画の本質なんて見ないで、みんなが書いているから便乗して書いているだけなのだ。まじめに理屈を述べて反論でもしようものなら、ますます喜んで叩かれる。気にしちゃいけない。無視すればいいのだ。
 でも私は悔しい。泣き寝入りなんて悔しい。書くほうは書いたことすら忘れているかもしれないのに、私だけ毎日思い出しては泣いて、落ち込んで、フェレットに謝り、自分を責め、言論の自由も一方的に奪われている。つくづく、自分の弱さが嫌になる。と同時に、それでも全ての人から好かれたいと思う自分の欲深さが嫌になる。

  ある動画投稿サイトで、2007年7月に放送された興味深い番組を見ることができた。
NHK 「特報首都圏」より 『ネットの“祭り”が暴走する』

ネットの“祭り”が暴走する
Uploaded by rausraus

インターネットの掲示板サイトには、誰もが匿名で書き込むことができます。誰かの意見に同調した人が次々に書き込みに加わっていくうちに、話が大きくなっていくのです。

これが、前に「憲法学」の話でやっていた『集団偏向現象』だろうか。

集団偏向現象(Group Polarization)

もともと同じような考え方を持っている人をある一所に集めて、他の情報から遮断してしまい、同じような考え方の人の間だけでどんどん話をすると、当初もっていた傾向がどんどん過激化していく現象。

おそろしい。
 番組内のインタビューで、インターネットの掲示板サイトに攻撃的な言葉を書き込んでいる人の心理状態を知ることができた。
  • 小さな人間が団結することで、世の中に社会現象を起こせるのが快感。

  • あまり世間で認められない人たちが、ネットでたくさん時間を使う。有名人と権力者が嫌いで叩きたい。とにかくちょっとでも有名だと叩きたい。ねたみや恨みとか、いつもテレビに映ってうぜえと内心思っているから。

  • 求めているのは「悪」であって、そこに「悪」がありますよって誰かに言われたらみんなで行く。「悪」を非難するという図式が、子供の時代から勧善懲悪のアニメや特撮を見て育っているから。社会的に「悪」だと言われてることをしている人がいたら、みんなで叩きに行こうみたいなノリ。

  • 標的になっている人の個人情報を公開すると神とあがめられる。すげえとか神とか言われることに自己顕示欲を感じる。満足感、優越感、達成感、全部感じる。

  • ウソだったらかわいそうだとか、叩かれてかわいそうだとか、感情はもう入りようがない。いじめと一緒で、みんながやっているから私もという論理。
 そう、まさにいじめと一緒だ。いじめられたらどうすればいいんだっけ。じっと耐えてやり過ごすしかないんだったっけ。おばちゃんわからないや。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。