fc2ブログ
異形のモノに美は宿る
 今夜の「爆笑問題のニッポンの教養」は「異形のモノに美は宿る」であった。いつもとはちょっと違っていて、ひたすら絵を見て感想を語る構成になっていた。
 日本美術史の辻惟雄名誉教授は、半世紀近く日本の美を研究してきた第一人者だそうだが、「奇想」な絵を好む気さくな先生であった。

葛飾北斎:冨嶽三十六景「尾州不二見原」 西洋の「静物」を描く「美」とは異なり、江戸時代の葛飾北斎の絵などは、どれを見ても躍動感にあふれ、描写は細かくデッサンはしっかりしているのに、少しユーモラスなものばかり。太田さんなどは「日本人の絵はどっかちゃかしてるよね」とお気に入りのようだった。日本人は勤勉なイメージだが、冷静でいて実は懐の深い、好奇心の強い人種なのだそうだ。我々日本人が、このことにあまり気づいていないようだ。
 西洋の表現は「空間」を意識して描かれているのに対して、日本の絵は昔から季節の移り変わりなど「時間」を表現してきたのが特徴だそうだ。北斎の絵も、ある一瞬の時間を切り取っているが、決して死んではいない絵である。この辺がアニメ大国日本の原点なのだろうか。

 むしろ外国での評価が先だった日本の浮世絵。北斎の錦絵などは、外国へ送る瀬戸物の包装紙に使っていたらしく、外人がそれを見てすばらしいと賛美したのが、浮世絵評価の始まりだったという。「アート」という価値観を、日本人は持っていなかったのかもしれない。

どこまでアートで遊べるか
これぞメイドインジャパンの心意気


ピカソ:泣く女 太田さんは高校時代、引きこもりがちだった時にピカソの「泣く女」を見て、「なーんだコレでいいんだ」と何かがふっきれたのだと言う。絵を理解できたとかそういうことではなく、「表現なんて自由でいいんだ」という事に気づいたのだそうだ。
 それに、頭の中で顔をぐしゃぐしゃにして泣いている女の人を想像したら、リアルな絵よりも、こっちの絵の方が本当なのかもしれないね。と。
 うん。私もそう思う。私もよくこんな顔をして泣いている。

スポンサーサイト



不眠症予備軍
2007.10.16 Tue 20:28 | 睡眠障害 | 心と身体
 興味深い内容の「クローズアップ現代」を見たのでメモしておく。まず番組ホームページより

「今夜も眠れない~広がる女性の睡眠不安~」
今、女性の間で「眠れない症候群」が広がっている。医学的には不眠症ではなくても、時間に追われる生活や仕事のストレスから、十分な睡眠が取れず、自分は「不眠症かもしれない」と不安に思う人が急増しているのだ。製薬会社各社から、医師の処方箋なしで購入できる「睡眠改善薬」という薬が相次いで発売され、予想の4倍近い売れ行きを示した。女性たちの睡眠に対する不安は、健康志向が高く、不眠に対する恐怖心が強いことが背景にあると言われる。こうした中、研究機関が睡眠指導にあたる人材を育成したり、教育現場で睡眠を授業に取り入れるなど、不眠症予備軍を減らそうという動きも始まっている。女性を中心に増えている睡眠不安の実態と、動き始めた不眠予防の取り組みを伝える。

街の女性にアンケートをした結果、確かに睡眠に不安を抱える女性が多いようだ。

よく眠れるか
  • 不眠・・・15%
  • 眠りに不安がある・・・55%
不眠への不満は大きく3パターン
  • 寝つきが悪い
  • 熟睡感がない
  • 夜中に目が覚める

 眠れないと疲れが取れないのではないかと不安に思い、そのストレスのせいでまた眠れないという、悪循環に陥ってしまっている人も多い。医師によれば、本当に必要な睡眠時間は人それぞれであり、不安を感じている患者の中には、実際には十分眠れている人もいる。

 睡眠の質が悪いと肌が荒れるなど、断片的に脅しのような情報が独り歩きしているのも原因の1つ。また女性はホルモンの影響で、高温期に体が休まりにくい特性もある。さらに、眠れないと嫌な事や心配事を考え、辛い時間を過ごすのは、『暗いところで1人でいると、無防備な状態で眠っている怖さという動物の本能』から、警戒心が増してくるためである。
 あまり睡眠に不安をかかえていると、本当の不眠症になる可能性もある。ちょっとした睡眠の変化に対して敏感になりすぎないことも大切である。例えば、『朝シャキっと目が覚めてすぐ行動』なんてありえない事だから、そうできないからといって心配しないこと。

 睡眠改善のためには、正しい睡眠について正しい教育をするシステムが必要である。正しい生活習慣を維持すること。が睡眠改善につながる。

特に大切な事
  • 朝起きたら、太陽の光をしっかりと浴びる。
  • 眠くなってから寝床に入る。

 その他にも、夜コンビニに行かない(強い光をあびない)、寝る前にメールをうたない(脳を使わない)、夜食をとらない(胃腸を働かせない)、などいろいろあった。
 睡眠は自分の思い通りにコントロールできない。それをわからずに、かえって葛藤し心の安らぎが得られなくなることが多い。自分の体の仕組みに従って、おりあいをつけて付き合っていくことが大切である。

以上

 まぁ何事も、「気にするな、考えすぎるな」ということである。それが一番難しいのだが。

ネガティブ
 今日も私はネト男にしつこく聞いていた。
   「ぐりえはいていいのかね?いなくてもいいのかね?
   「チャットルームにいるとかえって悪いような気がするの。
まただ、と半ば呆れられる。どんどんウザがられていくのが、手に取るようにわかる。
   「いてもいなくても変わらん。なんも気にすることねー
とネト男は言う。

 いてもいなくてもいいという事は、つまり、いなくていいという事だ。必要ない人間だという事だ。そう思ってしまう私は、相変わらず考えすぎなのだろうか?気にしすぎなのだろうか?健常者だったら、こういう考え方をしないのだろうか?
 わからない。どういう風に考えたら、自分が楽しくなれるのか、本当にわからない。

実るほど
2007.10.16 Tue 00:29 | エッセイ | 小説・文学
 収穫の秋である。

実るほど頭を垂れる稲穂かな
稲の穂は実が入ると重くなって垂れ下がってくる。学徳が深まると、かえって他人に対し謙虚になることのたとえ。

 私はこの言葉が大好きだ。水田で一斉に頭を垂れる稲穂を見て、まるで稲が大自然に、そして育ててくれた人々に感謝のお辞儀をしているように見えるこの姿勢に、いつも思い出す言葉である。

 年を取り経験を重ねていくと、いろいろな人の手助けがあってこそ今の自分がある事、そしてまだまだ勉強しなければいけない事を思い知らされる。どんなに偉い人でも、ふんぞり返っている人は顔つきや態度でわかる。そういう人を見ると、何もわかっていない、すごく哀れな人間だなと思う。
 日本人の大人みんなが、この言葉のような稲穂のように育ってくれれば、平和な国になるのになと思う。