fc2ブログ
けん玉が癒す心の傷
2008.03.17 Mon 14:21 | ドキュメンタリー | テレビ・ラジオ
 昨夜放送していた「NNN ドキュメント'08」の『もしかめ先生~けん玉が癒す心の傷~』を見た。

 名古屋市内にある通信制サポート校。この学校に通う生徒の8割が、かつて不登校に苦しみ学校をやめた経験をもつという。子供達の一度傷ついた心をいやすのは容易なことではないが、新任の生物教師、窪田保さん(26歳)は、それを何とか解きほぐしてやりたいと考えていた。

物とか情報とかすごくこう・・・あふれすぎて、敏感にならないと周りに取り残されちゃうみたいに思ってしまうんじゃないか。すごく深刻に捕らえてしまうと、どうしていいかわからない、話をしてほしい、振り向いてほしいから自傷行為などにおよぶのか。

 そんな窪田さん自身も笑顔を忘れてしまった時期があった。中学高校と柔道ひとすじ、夢をもって進学した大学1年のとき不運にも腰を痛めてしまい、柔道をあきらめなければならなかったのだそうだ。人生初めての挫折に、ショックと脱力感とものすごい不安、そして『なにかしなきゃ・・・』という焦りに襲われたという窪田さん。そんなときふと目に入ったのが、部屋で埃をかぶっていたけん玉だったそうだ。

気づいたら何時間も触ってました。何かやりたいっていうか、打ち込めるものが欲しい。で、今触ってるけん玉は、すごく楽しいしやりたいなって思うようになってきた。

ここからが、並みの人間と違うところだ。窪田さんはやがて、大学初のけん玉サークルを立ち上げ、大学3年生の夏休みにはけん玉50本をリュックに背負って全国行脚。大学4年生で、「もしかめ」という技で前人未到の連続8時間という世界記録をうちたてた。

 私もなぜかマイけん玉を持っている。中学ぐらいのときに、父が買ってくれた競技用のけん玉だ。男の子がいなかった我が家では、私が父の遊び相手だった。父はそのけん玉で、自慢気に技を披露してくれた事を覚えている。(ほとんどが失敗していたが。) もちろん「もしかめ」もやった。「もしもしかめよ~かめさんよ~♪」と唄いながら、玉を大皿(横の大きいほう)と中皿(おしりの皿)に交互に移動させるものだ。
 wikipediaで「けん玉の技の一覧」とか見始めたら、止まらなくなってしまった。「飛行機」とか「世界一周」とかやったなぁと、懐かしく思い出す。そう、けん玉は、それほど熱中する遊びなのだ。

 窪田さんは、教室に50個のピカピカのけん玉を持ち込んだ。日頃はTVゲームを器用にこなす子供達。けん玉なんて古い遊びと最初はバカにしていた彼らも、やってみるとこれがなかなか難しい。いつになく真剣なまなざし、そして技ができたときの笑顔。「楽しかった!」と喜ぶ顔。
 窪田さんが生徒達に伝えたい気持ち、それは技が1つ決まる喜び、そしてその小さな積み重ねがやがて自信になるという事だったのだ。

 窪田さんが学校側にかけあって、昨年10月からはけん玉が正式に学校の選択授業になった。けん玉授業を選択して続けてきた子供達は、少しずつ気づき始めていた。失敗しても投げ出さない。あきらめなければいつかは成功するという事を。そして人前で技を見せたり、小学生にけん玉を教えたりする機会を通じて、いい緊張感を感じ、成功したときの達成感を感じ、自分の成長を感じ、仲間のありがたさを感じ、さらには自分達が必要とされていることを感じていた。

 番組は、こんな印象的なナレーションで終わっていた。

 3年前は朝起きる理由さえ見つからなかった生徒達。けん玉がくれたのは、努力の先に待っている喜びと、仲間の存在でした。

けん玉やりたくなっちゃったな。実家に探しに戻ろうかな。

スポンサーサイト



不定愁訴の姉
2008.03.17 Mon 13:13 | わたしにできること | 心と身体
 母から電話があった。電話に出るなり「病気になって喜んでる人がいるから替わるわ。」と言われた。

 何事かと驚いたら、帰省中の姉が、足の指を骨折していたというではないか。姉は、自宅で足の指を激しく家具にぶつけ、それからとても痛かったのだが我慢しつづけていたという。だが帰省してもあまりにも痛みが続くので整形外科に行ったところ、医師は見るなりあっさり「あー骨折してますね。」と言ったそうだ。剥離(はくり)骨折だそうである。

 姉は、どちらかというと『不定愁訴』気味である。いつもどこか体の痛みを訴えては病院に行くが、原因がわからない。そのせいで周囲も「またか」といった感じになって、姉の訴えを聞かなくなってきた。だから姉はもっと訴える。そして周りは無視する。姉はいつのまにか『オオカミ少年』になっていた。
 今回も姉は、「本当に痛いの。骨が折れているかもしれない。」と、義兄に母に、訴え続けていたらしい。だが「あーはいはい。」と相手にしてもらえなかったので、家族の反対を押し切って自分ひとりで病院に行き、やっと”骨折”というお墨付きをもらったのだそうだ。

 そんな姉に、母はまだ言っていた。「私だって、骨が折れてると思うところあるわよ。でも病院なんか行かないわよ。」母は、よく私のブログにも登場している通り、これまた人の愛情というものに対して人一倍負けず嫌いな性格である。誰かが自分より重い病気になって優しくされているのを見ると、我慢ができないらしい。そんな母は、たぶんある種のアダルトチルドレンなのだと思っている。
 母は私の”うつ”に対しても「私ももっとひどい”うつ”だったけど、治ったから大丈夫よ。」といつも言う。そして今日も、目にできた腫れ物の話をしたら、「私もよくできるわ。」と言っていた。

 姉に電話を替わった私は、たぶんあの家で誰も言ってくれなかったと思う言葉をかけた。「痛かったでしょう。よく我慢してたね。大変だったね。」
 私は、おとといの「解体新ショー」でやっていた事を思い出したのだ。痛みには個人差がある。まずその人の痛みを理解してあげること。そうしないと、その人の痛みはどんどん大きくなる。そして、実際には怪我がおさまっても、痛みを感じる「心の問題」へと発展してしまうのだ。誰かがしっかり話を聞いてあげなければ、姉の不定愁訴スパイラルは止まらない。それに気づいた私は、姉に優しい言葉をかけずにはいられなかった。
 姉はびっくりしたように「ありがとう・・・。」と言って、少し気弱な声を出した。「病院の先生にもそう言われて、やっとわかってもらえたと思ったの。原因がわかっただけでもよかった。」
 
 姉に同情したなんて母が知ったら、「甘やかさないで!」と後で私が怒られるかもしれない。でもこれでいいのだと思う。いい事をしたのだと思う。一人でもどこかに味方がいるってわかれば、精神的に全然違うと、今の私は知っているから。

目が腫れました
2008.03.17 Mon 12:28 | 花粉症 | 心と身体
 久しぶりに目が腫れた。
 泣いたからではない。泣いたから腫れたのも確かだが、それは目の周りの話。私が言っているのは、目の中の話である。そう、目玉が腫れたのだ。

 これも、れっきとした花粉症である(と私は思っている)。数日前から私の花粉症の症状はひどい。日々増える口内炎、日々増える頭皮のできもの、日々増える鼻腔のできもの、微熱、頭痛・・・私の花粉症の出方は他人とちょっと変わっている。

SNEC_0154.jpg そして目玉の腫れ。何年ぶりだろうか。
 正確に言うと、白目の表面の膜の一部がぷくっとふくらんでいるのだ。とてもゴロゴロするが、これをゴシゴシこするとさらに膨らんでしまい、目を閉じても白い膜が外に飛び出してしまうのは経験済みである。
 記念に写真など撮って晒してみたのだが、あまりわからないかな。

 こんなの病気の範疇に入らないだろうと思っていたが、検索してみたら、れっきとした病名がついていた。その名も『角膜輪部(かくまくりんぶ)フリクテン』。通称『めぼし』。七五調の正式名称といい、干物のような通称といい、ちょっとふざけている。

黒目と白目の境界を角膜輪部といいますが、そこに小さな水泡のような白いふくらみができる病気です。乳幼児、学童期の子どもおよび青年層に多い病気ですが、最近はあまりみられなくなりました。ある種のアレルギーが原因でおこるといわれます。

そうです!これです!アレルギーなのです!

【症状・診断】
目がごろつく、まぶしい、涙が出る、あるいは目が痛いといった症状が現われます。診断は、角膜輪部に小さな円形の白いふくらみができ、そのまわりの結膜が赤く充血し、ふくらみの先端は、特殊な染色液でよく染まることから容易です。1~2週間で自然に治るといわれます。

という事なので、花粉症の目薬でも点しながら気長に待つとしよう。