スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うつの波
 またうつの波がやってきた。
 どうやら私は、うつの時しか記事がかけないようだ。それはこのブログが「うつ」というカテゴリーに入っているからではなく、調子がいい時は書けない、書くことがないのだ。前回の記事の考え方を借りれば、調子よくクルクルと動けるときには、頭が”言葉”で考えない状態になっているように思える。

 とにかく、うつはやってきた。私は宇宙にたった一人置き去りにされたかと思うほどの孤独を感じながら、私のことなんてどうせ誰も気がつきゃしないと、せまいマンションの一室で小さく丸くなって、あふれる涙を垂れ流していた。私の生きている意味なんてどこにもない、存在する価値がないと思った。
 ふと、近くにフェレットのどんぐりちゃんが寄ってきた。じゃあ動物たちには、存在する価値があるのか。どんぐりちゃんを見ると、つぶらな瞳、邪気のない様子でのびのびと手足を伸ばしている。どんぐりちゃんはかわいい。みている人々を癒してくれる。かわいいから生きている意味はある。そう思った。
 年をとり、太った私は醜い。私はかわいくないから、生きている意味なんてないのだ。私はフェレット以下だ。とことん卑屈になった。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/1110-db974c5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。