スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インスリノーマ
2009.06.27 Sat 14:18 | フェレット | ペット
NEC_0119_20090627141430.jpg とうとうこの宣告の日がきてしまった。インスリノーマ。フェレットの三大成人病の一つ。低血糖を症状とする病気だ。
 2日前の朝のことだった。寝ぼけまなこで起きてきた我が愛フェレットのどんぐりちゃん、後ろ足をふらつかせていたかと思うと、突然ドサッと横倒しに倒れたのだ。いやな予感がした。後ろ足のふらふき・・・インスリノーマの症状の一つだ。
 今日、毎月の注射「リュープリン」を打ってもらいに動物病院に行き、ついでに血液検査をうけた。通常100~120ある血糖値が、80↓しかなかった。「これはインスリノーマと言っていいと思います。」と先生は言った。副腎腫瘍にくわえて、インスリノーマまで併発してしまったのだ。
 早期発見なので、”攻めの防御”を指示された。寝起き、遊ぶ前、遊んだ後、血糖値が下がると予想される前に、バイトをこまめになめさせるのだ。それでも万が一発作が起きてベッタリ倒れてしまったら、ガムシロップをなめさせなさいと、スポイトを2本もらった。
 どうか発作がおきませんようにと思いながらも、もしそれがどんぐりちゃんの天命なのだったら、楽に逝けていいのではないか・・・と言っていたら、夫に怒られた。

 私が泣いていると、涙をなめてくれて、しょっぱそうな顔をするどんぐりちゃん。こんなに早く私をひとりにしないで。もう少しだけ一緒にいてください。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/1115-c150a7c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。