スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒトの定義
 「サイエンスZERO」の『シリーズ ヒトの謎に迫る⑫~再び統合された知へ』を見た。 シリーズ最終回のスペシャル版だったので、シリーズを全部見ていない私でも楽しめた。

 シリーズを通していろいろな先生方に”ヒトの定義”を聞き、「ヒトとは ~ である」の~を埋めてもらった答えが面白かったので、列挙しておく。
  • 山極壽一 教授(京都大学 霊長類社会生態学)

    ヒトとは 他者の中に自分を見たがる動物 である。
    -他者と自分のつながりを感じる心があったからこそ、私たちの社会や家族が生まれた。

  • 長谷川真理子 教授(総合研究大学院大学 行動生態学)

    ヒトとは 心的世界を持ち、それを他者と共有する動物 である。
    -動物でありながら心的世界をもつ。その共有が社会の礎なのだ。

  • 金沢創 准教授(日本女子大学 実験心理学)

    ヒトとは 深読みをする霊長類 である。
    -ヒトは相手の表情を深く読み、コミュニケーションに活かしてきた。

  • 田中啓治 博士(理化学研究所 脳科学)

    ヒトとは 自分を訓練する存在 である。
    -私たちは、訓練することによって自らを変えることができる存在でもある。

  • 黒崎政男 教授(東京女子大学 哲学)

    ヒトとは 他者を通して私とは何かを知る存在 である。
    -ヒトは他者と自分との距離を測る事によって、人間とは何かを考える存在である。

  • 石黒浩 教授(大阪大学 ロボット工学)

    ヒトとは 相手が心を持っていると信じる事ができる生き物 である。
    -私たちは、実体のない心、意識、感情、知能の存在を信じている。
     (いずれロボットもそうなるのか?!)

研究している学問はそれぞれ異なっても、”他者”という言葉や概念が頻繁に使われていたのが、興味深かった。やはりヒトは、社会の中でしか存在しえない動物なのかなと思った。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/1146-c1256101
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。