スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べることと生きること
 「クローズアップ現代」で『“食”がいのちを救う』というテーマを見た。

 いつ、どこでも食べたいものが手に入る「飽食ニッポン」。しかし今、生きていく上で欠かせない営みであり、日々の喜びであるはずの"食べる"という行為が軽んじられる時代になっている。若者たちにとって、今や主食はスナック菓子やアイスクリーム。その結果、栄養不足に陥り、血液に異常を抱えるケースも増えている。さらに食べることに関心がなく、サプリメントで最低限の栄養さえ取ればいいと考える人も増え続けている。(番組ホームページより)

 私などはうつになってから、何事にも関心がなくなったというせいもあり、当然食べることにも興味が持てなくなった。目の前に出されれば食べるが、そうでなければ作るのも食べるのも面倒くさい。点滴やサプリメントだけで生きていけるのなら最高だと思っていた。(最近”過食”ぎみなのは、また別問題。)

 番組では、食事をとる環境が心に及ぼす影響がについて、少しとりあげていた。
 福岡の心療内科医・森崇先生によれば、うつなどで入院している若者のほとんどが、家族で楽しく食卓を囲んだ経験がないことが明らかになってきたそうだ。幼い頃に食卓でのコミュニケーションがなかったことが、対人関係をうまく築けない原因の1つになっていると考えられるという。
 はて、どうだろうと思った。私の家では、幼い頃は一家そろって食事をしていた。多少ケンカが多かったかもしれないが、食事はみんなで食べるとおいしいというのは知っている。それでも、私がこのようになってしまったのは、大人になって忙しく仕事をするようになって、1人で夕食を食べることが多くなってしまったからのような気がする。忙しい中1人で食べるぐらいなら、食べなくてもいいと・・・。

 食べ物と、生きることの結びつきは深い、と番組はいう。ゲストの料理家・辰巳芳子さんは、食に無関心な若者に対して、こんな事をおっしゃっていた。

 食べ物というのは、必ず自分の命を守るはずのものを食べてほしい。自分の命への手ごたえを必ず感じるはず。手ごたえというものは、自分の命を頼ること、信じることにつながる。あらゆる物事、人に対して信じられるということにつながっていく。
 この信じるという人間的なことがあって、初めて人間というのは希望が持てる。信じられることと希望が持てる中で、本当に愛するということを学んでいく。これぬきに人生は考えられない。

なんだか壮大な話になっていったが、とにかく食べることは、健康な心を作る上でも大切なことのようだ。

 私は心が治らないと食生活も治らないと思っていたのだが、番組を見ていたら、もしかしたら逆に食生活を改善することで心の健康を取り戻すことができるのかもしれないとも思った。私が食事をするために、どれだけの殺生がされ、どれだけの人の手を借りているのかを考えれば、『どうでもいい』などと思えなくなるだろう。頭ではわかっているのだが。・・・でもやはり食事は面倒くさい。まだ気力が十分ではないのかな。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/1159-12be75f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。