スポンサーサイト
--.--.-- -- --:-- |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり無責任
2007.09.26 Wed 15:58 | 境界性人格障害 | 心と身体
 に「昔は無責任女だった」と書いたが、今もそのまんまだなぁと、ふと思った。責任感が強いフリをして、やはり他人の事となると、無責任なのだ。
 私が責任をもって他人と接する(フリをする)のは、実は「依存関係」を築きたい時だけなのではないか。困っている人を放っておけなくて、積極的に声をかけてきたつもりではあった。だがそれは思い返せば、必ず他に誰も手を差し伸べていない、1対1の関係の時だけであった。例えば困ってそうな人に気づいても、他に誰か近寄っている人がいれば、急にどうでもよくなり、その人を放っておく傾向がある自分に気づいた。
 私の事を、やさしいとか、よく気がつくとか言ってくれる人は多い。だが、それは全て相手を思いやっての事ではなく、自分のためのような気がする。偽善とはまた違う。相手に良く思われたい、私に依存してもらいたい、離れないで欲しいための、引き付け行動であるように思うのだ。
 そう考えると、私はなんと自分本位で、計算高い、冷たい人間なのだろう。

 本当に困っている人に、どうして「みんなで」声をかけることができないのだろう。どうして「みんなで」手を差し伸べることができないのだろう。どうして「みんなからの」呼びかけに答えることができないのだろう。そんな事を考えながら、私の人付き合いの下手さに、ホトホト哀しくなるのだった。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/133-9ffa5573
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。