fc2ブログ
ペットの死とは
2007.10.02 Tue 18:18 | | ペット
ゆうた やはり実家の15歳の猫「ゆうた」の容態が心配である。獣医さんによれば、検査の数値が悪化する一方で、早ければあと1週間の命だと宣告され、自宅で家族とゆっくり過ごしたほうがいいでしょうと帰されてしまったらしい。
 「ゆうた」は2代目の猫である。私が学生時代のときに、1代目の猫が死んでしまって、あまりの寂しさにペットショップから連れてきた子であった。アメリカンショートヘアの男の子で、手足が太く体も大きいのにとても気が弱く、庭に来た野良猫を見ると、小さくなってカーテンの陰からニャーニャーとか細い声で鳴くような猫である。今もさぞかし不安がっているのではないかと心配してしまうが、『自分がやがて死ぬ事を知っている動物は人間だけである』というし、具合が悪い不快感はあっても、おそらく「怖い」という感情はないのだろう。そう願いたい。

 1代目の猫は、友達からもらった雑種の猫だったが、生まれつき体が弱く、しかも途中から難病にかかってしまい、薬をたくさん飲ませないといけなかった。猫が薬を嫌がるあまり、家族はみんな世話をしたがらなかったので、私が1人で薬を飲ませていた。最後の方は猫も死に場所を探していたらしく、捕まえようとする私を本気で噛み、薬を飲ませるたびに私が血だらけになっていた記憶がある。本当に嫌われてしまったようでとても辛い役目だった。
 でもきっと、わかってくれていたのだと信じている。今は天国で待っていてくれていると信じている。「ゆうた」が寂しくないように、友達を集めて待っていてくれるといいな。そして私の事も待っていてくれるといいな。

 母が獣医さんに「もっと早く気が付いてあげていれば・・・」と悔やんで言ったら、獣医さんに「それは違います。」と言われたらしい。「野生動物は常に周りを警戒しているので、決して弱った姿を表に出しません。飼い主さんが気づかないのも仕方のないことです。」 我慢しているのとは違うのだ。ペットは家族の一員ではあるが、人間ではない。人間とは違う摂理にのっとって生きている生き物なのだろう。
 今までどれだけ救われたか知れない、愛らしい「ゆうた」のしぐさに声に感謝し、暖かく送り出してあげたいと思う。

 私の愛するフェレットもあと数年後には、天国へと旅立つ運命だ。同じような事を思う日が、そのうちやってくるのだろう。今はただ、「ゆうた」が苦しまない事だけを祈りつつ・・・・・

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/153-ffaf0897