fc2ブログ
お前バカじゃん
2008.02.18 Mon 10:27 | インターネット | コンピュータ
SNEC_0141.jpgお前バカじゃん。助けてやれよ。
罪のない動物を虐待すんな!

 ↑冬の朝にはフリースにもぐるのが好きなどんぐりちゃん ねむねむ・・・

 また、私がYouTubeに公開したフェレットの水泳動画にこんなコメントがついていた。気にしちゃいけないという事はわかっている。動画の本質なんて見ないで、みんなが書いているから便乗して書いているだけなのだ。まじめに理屈を述べて反論でもしようものなら、ますます喜んで叩かれる。気にしちゃいけない。無視すればいいのだ。
 でも私は悔しい。泣き寝入りなんて悔しい。書くほうは書いたことすら忘れているかもしれないのに、私だけ毎日思い出しては泣いて、落ち込んで、フェレットに謝り、自分を責め、言論の自由も一方的に奪われている。つくづく、自分の弱さが嫌になる。と同時に、それでも全ての人から好かれたいと思う自分の欲深さが嫌になる。

  ある動画投稿サイトで、2007年7月に放送された興味深い番組を見ることができた。
NHK 「特報首都圏」より 『ネットの“祭り”が暴走する』

ネットの“祭り”が暴走する
Uploaded by rausraus

インターネットの掲示板サイトには、誰もが匿名で書き込むことができます。誰かの意見に同調した人が次々に書き込みに加わっていくうちに、話が大きくなっていくのです。

これが、前に「憲法学」の話でやっていた『集団偏向現象』だろうか。

集団偏向現象(Group Polarization)

もともと同じような考え方を持っている人をある一所に集めて、他の情報から遮断してしまい、同じような考え方の人の間だけでどんどん話をすると、当初もっていた傾向がどんどん過激化していく現象。

おそろしい。
 番組内のインタビューで、インターネットの掲示板サイトに攻撃的な言葉を書き込んでいる人の心理状態を知ることができた。
  • 小さな人間が団結することで、世の中に社会現象を起こせるのが快感。

  • あまり世間で認められない人たちが、ネットでたくさん時間を使う。有名人と権力者が嫌いで叩きたい。とにかくちょっとでも有名だと叩きたい。ねたみや恨みとか、いつもテレビに映ってうぜえと内心思っているから。

  • 求めているのは「悪」であって、そこに「悪」がありますよって誰かに言われたらみんなで行く。「悪」を非難するという図式が、子供の時代から勧善懲悪のアニメや特撮を見て育っているから。社会的に「悪」だと言われてることをしている人がいたら、みんなで叩きに行こうみたいなノリ。

  • 標的になっている人の個人情報を公開すると神とあがめられる。すげえとか神とか言われることに自己顕示欲を感じる。満足感、優越感、達成感、全部感じる。

  • ウソだったらかわいそうだとか、叩かれてかわいそうだとか、感情はもう入りようがない。いじめと一緒で、みんながやっているから私もという論理。
 そう、まさにいじめと一緒だ。いじめられたらどうすればいいんだっけ。じっと耐えてやり過ごすしかないんだったっけ。おばちゃんわからないや。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/588-f3efedbc