fc2ブログ
ストーカー行為
2008.05.22 Thu 08:17 | ニュース | ニュース
 昨日から繰り返し流されるニュースで、少し笑ってしまったというか、驚いたニュースがあった。

宇都宮地裁の現職判事、ストーカー容疑逮捕
 女性の携帯電話に執拗(しつよう)にメールを送りつけてストーカー行為をしたとして、山梨県警は21日、宇都宮地裁判事、下山芳晴容疑者(55)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。
 生活安全企画課の調べでは、下山判事は今年2月19日から3月19日にかけ、山梨県内に住む知り合いの20代の裁判所職員の携帯電話に「今度いつ会えるかな」「こんばんは。今、何しているの」などという文面のメールを十数回にわたって送りつけるストーカー行為をした疑い。この女性職員に好意を持ち、長期間にわたって同じような内容のメールを数十回送りつけていたらしい。

asahi.comより)

失礼ながら、これで大々的なニュースになるとは、やはり職業が”判事”だからであろうかと、私は思わず苦笑してしまった。
 本当のところを詳しく知らないのでなんとも言えないが、「名前を名乗らない相手からメールが届いて気持ち悪い」という理由で、「十数回」程度のメールで「告訴」されているのが、なんとも裁判所関係者ならではのことだなあと思った。

 確かにここ数年の事件を見ると、ストーカーが発展して傷害事件や殺人事件にまで発展することが少なくない。それはそれで問題なのだが、そのおかげで女性側の過剰な反応もなきにしもあらず。
 だが、本人が不快や恐怖に感じたらストーカーなのである。いまどきは、『101回目のプロポーズ』ばりの”好きになったら押すのみ”という行為が、下手をすると犯罪になる恐れがある。それも、イケメンなら「うれしい」となり、ブサイクなら「キモイ」となったりするからタチが悪い。

 だが。女性だって顔ばかり見ているわけではない。要するに、人と人とのコミュニケーションで、どれだけ空気を読めるかという事が大事になってくるのだ。相手が不快に思っているサインをどれだけ敏感に感じ取れるか。相手が本当にして欲しいこと、して欲しくないことを、どれだけ思いやれるか。相手の思いやりさえ感じることができれば、顔は二の次・・・になることもあるのである。

 ちなみに、この判事が過去に下した有罪判決における”判決理由”にこんなものがあったそうだ。

年少者に対する犯罪を犯した被告に
近年大きな社会問題となり、対策が真剣に取り組まれている中で及んだ犯行は悪質

判事には、社会問題や立場うんぬんではなく、人と人とのコミュニケーション方法について、今一度自省をしていただきたい。



宇都宮地裁の現職判事、ストーカー容疑逮捕(asahi.com)
※リンクは削除される場合があります

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/796-9d788b96