fc2ブログ
セロトニンの増やし方
 昨日「解体新ショー」という番組をみていたら、『なぜ本番にあがるの?』というテーマをやっていた。その中で私は、本題とはあまり関係のない面白い情報を手に入れた。

 そもそも”緊張”という状態は「ノルアドレナリン」や「アドレナリン」といった物質が脳で多量に分泌され、強い不安で体が動かなくなってしまう状態だそうだ。
 東邦大学の有田秀穂教授(生理学)によれば、強いストレスによって不安や緊張が高まったとき、そういうストレス反応を抑制してバランスをとってくれるのが「セロトニン」という脳内物質の役目なのだそうだ。ところがこの「セロトニン」が不足すると、高まる不安や緊張に歯止めがきかなくなってしまう。この状態を”あがり”と言う。

 ここまでが本題。

 さて、「セロトニン」は、うつ病の人なら誰でも知っている脳内物質であろう。不安感情、衝動、性行動、食欲、体温などの調節を行っていると考えられている物質で、うつ病の人の多くが脳内に「セロトニン」が少ない傾向にあり、セロトニンの神経伝達が低下していると考えられている。
 最近はやりの抗うつ薬は”デプロメール”、”ルボックス”、”パキシル”などに代表される「第三世代の抗うつ薬」とも呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)である。これは、セロトニンの神経終末への再取り込みを阻害することでその神経伝達を回復させることを期待する薬である。

 その「セロトニン」を増やす簡単な方法があると、前出の有田教授が教えてくださったのだ。なんとそれは

ふみ台昇降

有田教授の実験によれば、一定のリズムでふみ台を上り下りするだけで、被験者の血液中のセロトニンを濃度が増え、脳波にも緊張がほぐれたときに出るα波が出ていた。これについて教授は次のように説明する。

 セロトニン神経の性質っていうのは、リズムの運動で活性化する。ですから、いろんなリズムが(セロトニンを)生んでいる。ふみ台昇降も1つですけど、ウォーキングでもいいし、ジョギングでもいいし、スクワットでもいい。

 基本的にだれでもできるような簡単なリズムの運動がよく、また運動だけではなく「租借(そしゃく)」や「呼吸」にもリズムがあるので効果があるとのことだ。

 ぼくらの今の生活は、どちらかというとセロトニンが減っちゃう。どうしてかっていうと、リズムの運動がね、歩いたり、噛んだり、呼吸をしっかりしたりする、そういう生活を普段しなくなっちゃった。パソコンをやったり、あまり動かない生活が多くなったでしょ?
 体質を良くしたいとすると、繰り返さないとだめ。3~6ヶ月、ある程度続ければ体質は変わる。

30分ウォーキングをするとか、ガムを一定リズムで噛むとか、正しい呼吸法をするとか・・・そんな事がうつ症状を和らげる一つの手かもしれない。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/800-dd306a50