fc2ブログ
生きていればいい
 今日の「課外授業~ようこそ先輩~」は、全盲ろうという重複障害者でありながら東京大学の准教授である、福島智先生による『みんな生きていればいい』という授業であった。

 9歳で失明、18歳で失聴した福島先生は、1983年盲ろう者として日本で初めて大学受験を突破。そもそも最初は、盲ろう者というだけで大学受験すら認められなかったという。東京都立大学で教育学を学んだ福島先生は、2001年には東京大学の助教授に迎えられ、福祉や法制度や差別の問題など、障害者が社会のなかで壁を乗り越えてゆく研究をつづけていらっしゃる。
 この日の母校での授業は、お2人の指点字通訳者のつきそいで、子どもたちと会話をしていた。

 両目が見えず、右耳が聞こえず、左の耳も聞こえなくなってきた18歳の福島先生は、日記を書いた。

この点字タイプライターを打つのが疎ましく感じる。この金属製の音がモヤにかすむ。まるで白いベールの向こうから聞こえる。なんという情けなさ。
いつまで俺の苦しみは続くんだ。

 福島先生は子どもたちに自身の日記を読み聞かせたあと、『もしこれが自分だったら自殺を考えるかもしれないなあという人はいますか?』と尋ねた。子どもの中からチラホラと手があがる。実際、盲ろう者の中には、自殺の事を考えるという人は多いそうだ。さらにいうと、本当に自殺をしてしまう人もいる。

 先生は続けて聞いた。『じゃあその辛さ、悲しさ、しんどさの中身って何だと思う?』
 家族の顔がみられないこと?自分の顔がみえないこと?自分の声が聞こえないこと?子どもの時で記憶が途切れていること?人の感情がわからないこと?それもそうだが、先生は『友達とか家族とかと会話ととかできない』ことが一番しんどいと言った。

 ここに点字のトランプがあります。僕は全盲ろう者になってもトランプを指で触ればゲームはできる。だけどちっとも面白くないんですよ。なんで面白くないんかなってよく考えると、周りのみんなの反応がわからないから。『ワーッ』と言ったり『お前あほか』って言ったり『こんなカード出しやがって』って言ったり。
 瀬戸内海に沈む夕日が見えないとか、星が見えないとか、音楽ができなくなったのも辛いことだったけども、実は本当に根っこの部分で一番しんどかったのは、コミュニケーションができなくなったってことなんですね。

ここ何日もずっと私が考えていた、”孤独”、そして”コミュニケーション”。私が考えるそれは精神的な世界の話でしかなかったが、こんなにも現実の生活の中で永遠に続く”孤独”をのりきっている先生の力はなんなのだろう。私は涙が出た。

 『絶望のどん底にいた福島先生を救ったのは何ですか?』というスタッフの問いかけに、福島先生はゆっくり考えた後こういった。

 自分の人生にだって苦悩の意味があるんだろうと言うふうに、自分で自分に思い込ませたということですよね。どん底だからしんどいんだけど、無意味なんじゃなくて、将来自分の人生を輝かせるために、この苦悩を経験しなくちゃいけない。自分で自分に言いきかせていた。

『その苦悩の意味ってなんだと思いますか?』

 孤独
 僕はたまたま命が与えられているけれども、いつどうなるかわからない。で、基本的にはひとりぼっちなんだっていう、宇宙の中にひとりでいるんだっていう感覚。それが私にとっての苦悩の意味なんだろうと。だからこそ他の人とつながろうと思う。

授業の終わりに、福島先生が子どもたち向けて言った言葉は、おそらく今の悩める日本人全員が聞いておくべき言葉なのではないかと思う。

 僕たちはやはり、なにがなんでも生きていくべきだと思いますね。それはたとえ目が見えなくて耳が聞こえなくなっても同じこと。いろんな人生には難しいこと失敗があるけど、そんなことはすべて小さなことです。
 生きているっていうことがクリアされていれば、もう本当に80~90%以上、人生は成功してるんだっていうこと。それは僕が、自分が目と耳の障害をもって非常に強く感じました。

今ここに私が生きている奇跡を、感謝しよう。そう思うようにしよう。

Secret

TrackBackURL
→http://sweetacorn.blog108.fc2.com/tb.php/847-0a04d720